借金返済を延滞すると

期日になっても借金の返済ができない時に何が起きるのでしょう。
ドラマのような派手な騒ぎや脅迫を連想されるかもしれませんが、現実はそれほど乱暴なことはありません。

とはいえ、一部の悪質業者は返済の手口に暴力的な手段を用いることはあります。
ですが暴力的、脅迫的な行為をされずとも、借りたお金を返せていないこと自体が心理的に圧迫感があります。
暴力団員のような取り立て屋が借金返済を迫るシーンがドラマなどの定番ですが、実際は貸金業者は暴力団員を雇うことはできません。
貸金業者が暴力団員を取り立てなどの業務補助に起用すると、法律によって罰せられるのです。

借金返済が延滞され取立てをする場合は、まず電話がかかってきます。
支払わないと翌日にはまず電話が来ます。
柔らかめの口調で、延滞理由を聞かれることと思います。
本人でなければ会社名を名乗らない紳士的なところもあります。
この時、いつ返済するか約束させられます。
1週間後などといった返答には応じてくれません。
2〜3日以内の約束を取り付けられます。
電話で約束した期日までに返済できずにいると、更に督促の電話が来て返済日を約束させます。
以後、返済まで何度も同様の電話がかかってきます。
何度も電話の督促を無視して返済を滞らせていると、いずれば封書による催促が週一ペースで来るようになります。
金融会社が中堅以下なら、電話の催促もより威圧的になります。
ここまでくると、個別訪問による返済金の回収も行われるようなります。

訪問時間を合わせるための生活パターンの聞き込みや身辺調査も始まり、戸籍も調べられることになります。
3ヶ月の延滞と12ヶ月の延滞は、キャッシング審査の情報を蓄積している信用情報会社に事故情報として載せられます。
これによって、新規のキャッシング利用時の審査が通らなくなります。
この延滞記録は借金完済後も数年間は残り続けます。

最後に出てくるのが裁判所です。
このような取り立てを全て無視し延滞を続けると、裁判を経由しての差し押さえがなされることになります。
社会を捨てれば逃げ切ることができるかもしれません。
ですが、借金を踏み倒した人生には、常に利息がつきまとっていくことでしょう。
タグ:借金返済

サラ金の正しい利用法

サラ金で借り入れをする時は、人生を台無しにしないため、生活を犠牲にしない様に、よく考えた上でのサラ金利用が必要です。
ローンを使わずにやりくりできなら、その方がいいのです。

今後お金が入るあてがなく、かつ今現在のお金もなく、借りるしか方法がないような時もあります。
そんな時は返済能力があるとは思えないので、サラ金で借りない方がいいのかもしれません。
返済手段に確実なあてがある時や、今サラ金を使うことで生活がよくなると判断できる時もあるでしょう。
サラ金で借りていいのは、そんな余裕がある時かもしれません。
その時は、金利のことをよく頭に入れて、確実な返済計画を考えてください。

借りたお金を返済するまでの期間は3ヶ月くらいが理想で、長くても半年程度です。
長すぎる返済計画では、何事もなければいいですが思いがけない人生の変化などに対応できないかもしれません。
余裕のある返済計画を立てておけば、多少トラブルでも計画を遂行できます。

年単位で返済を済ませようなどと悠長に構えていたり、返すあてのないお金を借りるような真似は絶対にしてはいけません。
わざわざ自分からトラブル源に足を踏みれる事はありません。
同時に悪徳業者を知る知識も持っておきます。
そもそもは自分に合ったペースで有意義な生活を送るためのものです。
余裕のあるキャッシング計画を立て、くれぐれも悪徳業者の手口にはまらないように気をつけましょう。
タグ:サラ金

サラ金業者の悪質な手口

出来る限り安い金利でお金を借りたい。
もっと旨い具合にお金を借りられるところはないか。
など、借り手はたいていこう思うでしょう。

悪質なサラ金業者は、そういった利用者の気持ちを利用して儲けを得ようとしていています。
その手口はいくつもあります。
「低金利で融資をします」という、いかにももっともらしいチラシやダイレクトメールを使って客をおびき寄せる、紹介屋という人たちがいます。
そこに連絡を取ると自社ではなく他のサラ金業者を紹介します。
実際は紹介ではなく、何も関係ない別のサラ金業者に連れて行き、借り入れを進め法外な手数料を請求してくる手口です。
また、整理屋と呼ばれる手口があります。
これは多重債権者に低金利でのローンの一本化を勧めるという形で声をかけてきます。

誘いに乗ってしまうと、多重債務の整理を熱心に勧められ、悪徳弁護士をサラ金業者との間に立たせ、債務者には以前より少ない額で毎月の返済を求めてきます。
いい話のようにも聞こえるのですが、実際はその金は返済されず、整理屋の懐に収められてしまうという仕組みです。
また払込金を整理手付金として取られたり、債務がなかなか減らず、結局は損をするだけの悪質な手口です。
キャッシングに縁がない人でも、闇金融という言葉は聞いたことがあるはずです。

これは、無登録のサラ金業者であることと、10日で1割(年利365%)などと、出資法上限を越えた高金利を取ってくる悪徳サラ金業者です。
悪質な業者による手口は実に様々なものがあります。
ちらしやダイレクトメールに一見してうまい話が書いてあったとしても、裏がある可能性は十分に考えて用心を怠らないようにしましょう。
タグ:サラ金業者

お金を借りる方法

お金を借りる方法を考えた時、真っ先に考えるのは親や知人から借りることかもしれません。
借りる相手が会社の上司、恋人、親戚などであれば無利息での借金も可能でしょうし、金額によっては即日お金を借りることも可能かもしれません。


本当に無理な場合は返済を延ばしてもらうということも可能でしょうし、互いに人となりを知った上での貸し借りということになります。
お互い納得のいく、いいお金借りる方法だということになります、。
ただし、今後の関係に支障をきたすことがないよう、信頼関係を維持するために配慮することは大切です。
法的拘束力はなくても、あとあとのために返済期日や方法を明記した書面は必要かもしれません。
また会社から前借りをするという方法も、お金を借りる別の手段ということもできます。
社員の融資を制度化している会社もありますので頼んでみる価値はあるでしょう。

その他には国や公的機関、保険会社からお金を借りるという方法もあります。

最後にお金を借りたい人が頼るところは、消費者金融による借り入れになるでしょう。
返済時に金利も返すことになる消費者金融のキャッシングですが、融資先様々にあるのでそれを選べば少々条件がある人でもお金を借りることができます。
周りの知人など今までのプライベートなつきあいに影響を与えることもなく、誰にも気づかれずにお金を借りることができるでしょう。

サラ金業者の金利

サラ金業者からお金を借りる際に、大事なのは金利です。
利息の増える仕組みをわからないままに融資を受けると、予想外の返済金額に驚くことになるかもしれません。


キャッシングローンの金利とは、お金を借りるための費用です。
利用者は借りたお金に対して契約した金利によって算出される利息を、元金にプラスして返済しなければなりません。
金利は金融業者それぞれで決定するもので、限度額や貸付対象によって異なる場合もあります。


法律では出資法と利息制限法で上限が定められています。
出資法の上限金利は年率29.2%で、1年後に返済した利息が元金の29.2%を越えた場合は違法として罰せられます。
利子が大きすぎないかは必ず確認しましょう。
ただし、2006年中旬に金利上限を引き下げる案が了承されました。
引き下げ後は20%になる見込みです。

一定期間は少額の短期間融資に限って25.5%の特例を認める方針ですが、法改正から3年後に金利は20%になります。
消費者金融を利用する時は、金利の仕組みについて事前にある程度は認識しておく必要があります。

サラ金業者への支払いが長引けば利子がかさんでいきます。

利息は日割り計算なので、100万円を年利29.2%で借りて10回に分けて10ヶ月で返済する場合と20回に分けて20ヶ月で返済する場合は、利息にかなり差が出ます。
何事もなく10ヶ月で返済できた時の利息は138.
651円ですが、完済まで20ヶ月かかると利息は274.
869円になり、同じ利率でも倍程度の差が出ます。

サラ金業者とは

サラリーマン金融を扱う人の略称をサラ金といいますが、簡単な手続きと審査でまとまった額のお金を融資してもらえるので、急にお金を工面しなければならない時にとても助かります。
サラ金、またはサラ金業者という言葉は、何となく恐怖感を持つ人もいると思います。
あまりいい印象はありませんが、本当はどんな仕組みでしょう。


サラリーマン金融とは、会社員だけでなく主婦や学生などの一般の人々を対象に小口で短期間の融資をする、いわゆる消費者金融です。
1970年頃は会社員向けが主だったことから、サラリーマン金融の名がつきました。


銀行も貸付を行いますが、サラ金と違って銀行は融資希望者の審査が厳しく時間もかかり、担保を決めた上ではじめて貸付を決定します。
担保とは保障のようなもので、例えば土地や建物そのもので、返済出来なかった時はそれが銀行のものになります。
また借りた人は銀行に利子をつけて返さなければなりません。
この利子が銀行の儲けになるのです。


一方、サラ金業者は、免許証や保険証などがあればすぐにお金が借りられます。
担保も不要ですが、その代わり銀行より利子が高いのです。
もし借りたお金を返せない人がたくさん出てきたら、貸す側は損ばかりです。

サラ金業者は返済不履行者の損を穴埋めするために、金利を高く設定し利息を多めに回収しています。
サラ金を利用する方法は顧客のニーズによって多様化しつつあり、全国各地にある無人機やATMが使われています。


近年では融資の申し込みがぐっとスピーディになり、インターネットを使って簡単に申し込めるようにもなりました。
一部には闇金融と呼ばれる、悪質な違法業者も混ざっていることがあります。
キャッシングサービスの利用に当たってはよく調べた上で、計画的に賢く使いましょう。
タグ:サラ金
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。