キャッシング比較カテゴリの記事一覧

消費者金融でお金を借りる前に

お金を借りりようとした場合、それはまず親か知人であり、そうでなければ消費者金融を利用してお金を調達することを考えるのがたいていの場合だと思いますが、それ以外にもお金を借りる方法があることは、あまり知られていないことかもしれません。


定期預金を利用しているなら、銀行から定期預金残高の9割近くのお金を借りることができます。
郵便局のゆうゆうローンでも、定期預金の9割を目安にお金を借りるという方法が可能です。
預金金利に0.5%程度を上乗せした額が金利はにります。
定期預金をしているのであれば消費者金融と比べると相当の低金利ですから、まずはそこからお金を借りることを考えてみるといいでしょう。


またあまり知られていないお金の借り方ですが、保険会社からもお金を借りることができるのです。
契約者貸付制度というもので、満期に返戻金があるタイプの保険に限ります。
最近は年金感覚で保険に入っている人も結構いるようですし、お金を借りる手段としては、なかなかいい方法ではないでしょうか。
金利は会社によって異なっており、その限度額があって返戻金の8割程度です。


これには少々抵抗があると思う人も多いかもしれませんが、会社から給料の前払いという形でお金を借りる、という方法も存在しています。
けれどもこれは労働基準局で定められている権利でもあるので、会社は社員から申し出があれば一応考慮しなければならないことなのです。
会社に相談してみることも、方策がない場合のお金を借りる法方としてきちんとなりたつのです。
タグ:消費者金融

お金を借りるコツ

最近では消費者金融でもお金を借りやすくなり、イメージアップのCMや無人自動支払機の増加によってずっと気楽に利用できるようになりました。

今ではお金を借りる方法を考えるとしたら、家族や親戚よりもまず先に消費者金融を考える人も多いといえるかもしれません。
しかし、お金を借りる方法があると簡単に考えて、お金を借りると危険を伴います。


簡単にお金を貸してもらえる会社は、その分だけ回収(取り立て)に自信があるのだともいいます。
楽にお金を借りる方法があるからと簡単に考えず、利用する時に心がけておくべきことはきちんと飲み込んでおくようにしましょう。
まず、キャッシングで借りたお金は自分のお金ではないことを自覚し、返済日を守って計画的に支払いましょう。


返済可能な範囲の額しか借りないようにすることは大変大切なことで、そのためにも、お金を借りる時に返済方法の見通しを立てておくべきでしょう。
借り入れの目安は、月の収入の20%が返済額の限度と考えましょう。
万が一支払いができなくなったとしたら、それにかわる資産かあるかどうかを確認することも大切です。


利息の仕組みや返済方法を事前に知っておくこと、そして金利の安いところを探すことも借り入れの際に大変大事なことです。
安易にお金を借りる方法があると考えて、返す方法を持っていなければ、それでは多重債権者になってしまいます。
振り出しに戻って本当に必要なお金なのか、借り先はそこでいいのか、そういうところから考えて、お金を借りるようにしましょう。
タグ:計画的
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。