進学ローンの種類

教育ローンを考える時、公的と民間があることを考慮しましょう。
公的ローンの特長は金利が比較的低いこと、固定であることです。


使途制限が緩く、審査に当たって所得や融資額の条件が比較的いいのが民間ローンですが、民間ローンは公的ローンほど金利が安くありません。
ただし民間の進学ローンはシーズンによって金利優遇キャンペーンが行なわれるところもありますので秋から春までがねらい目です。


国民生活金融公庫の融資による教育一般貸付は、公的な教育ローンのうちの一つです。
また、各都道府県の年金福祉協会などで扱う年金教育貸付、郵便局で扱う郵便貸し付けがあります。
対象者は学生の保護者で、世帯年収などで制限があります。
限度額は200万円程度で、用途としては大学、大学院、短大の他に高等学校、特別支援学校の高等部なども含まれ、専修学校、予備校、その他職業能力開発校などの教育施設の教育費用に指定されています。
民間ローンの進学ローンは労働金庫や銀行、JAなどで扱っています。


金利の変動タイプ、変動タイプ、担保の有無、限度額や諸制限なども様々で、色々な商品があるのが民間の教育ローンの特色です。
また、総合口座の利用状況に応じて金利を優遇する銀行もありますので、細かい部分までの確認が必要です。
融資の限度額については、他に利用しているキャッシングサービスの状況も考慮されることもあります。
タグ:進学ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。