進学費用とローンの役割

入学試験真っ只中の季節です。
「合格」はうれしい言葉ですが、春からの進学には出費がつき物。
主婦にとっては頭が痛いです。。

進学費用とローンの役割について調べてみました。
子供が生まれた時からコツコツ貯めなければならない教育費。
教育ローン等を利用せず、貯蓄だけで子供の教育を最後まで終わらせたいならば、どのくらいの額を用意すべきでしょう。


2006年に行われたあるアンケートでは進学ローンを考えず進学費用のための貯蓄をするのなら、目標額は400万〜600万円という人が半数近くを占めました。
教育費を貯めるための計画を立てる場合、大体の目安として子供が大学に入るまでに大学進学費用の半分を準備しましょう。


大学でかかる費用はというと、自宅から離れて1人暮らしをしながら私立大学に通う場合には約1,000万円が、自宅から国公立大学に通う場合は500万円の諸費用がかかります。
これは、選んだ大学や生活スタイルによっても大きく異なります。
従って、大学入学までに教育費として250万〜500万円を貯めておかなければ苦しいことになります。


この数字は子供1人に対してかかる教育費です。
この費用は、子供の数が増える毎に倍々にされることになります。
準備すべきは大学入学までの費用であり、それまでに子供の教育にかかる塾代や教材費などはその時その時の収入の中からやりくりしたいものです。


子供時代の教育費用に貯めたお金に手をつけるようなスタイルでは、先々の準備は不可能です。
ですが、小中高の時点で私立の学校を選んだり、不足の事態で月々の収入が途絶えてローン以外に方法がない、ということもあるでしょう。
教育ローンを使う時があるとしたら、大学に入る前の段階で私立校への入学や越境入学で費用がかさむ場合や、何らかの理由で貯蓄が計画通りに進まなかった時でしょう。
タグ:進学費用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。