サラ金業者の金利

サラ金業者からお金を借りる際に、大事なのは金利です。
利息の増える仕組みをわからないままに融資を受けると、予想外の返済金額に驚くことになるかもしれません。


キャッシングローンの金利とは、お金を借りるための費用です。
利用者は借りたお金に対して契約した金利によって算出される利息を、元金にプラスして返済しなければなりません。
金利は金融業者それぞれで決定するもので、限度額や貸付対象によって異なる場合もあります。


法律では出資法と利息制限法で上限が定められています。
出資法の上限金利は年率29.2%で、1年後に返済した利息が元金の29.2%を越えた場合は違法として罰せられます。
利子が大きすぎないかは必ず確認しましょう。
ただし、2006年中旬に金利上限を引き下げる案が了承されました。
引き下げ後は20%になる見込みです。

一定期間は少額の短期間融資に限って25.5%の特例を認める方針ですが、法改正から3年後に金利は20%になります。
消費者金融を利用する時は、金利の仕組みについて事前にある程度は認識しておく必要があります。

サラ金業者への支払いが長引けば利子がかさんでいきます。

利息は日割り計算なので、100万円を年利29.2%で借りて10回に分けて10ヶ月で返済する場合と20回に分けて20ヶ月で返済する場合は、利息にかなり差が出ます。
何事もなく10ヶ月で返済できた時の利息は138.
651円ですが、完済まで20ヶ月かかると利息は274.
869円になり、同じ利率でも倍程度の差が出ます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。