銀行系キャッシングの返済

事前に返済計画をしっかり立てることがキャッシング利用のコツですが、返済方式は銀行毎に少しずつ違います。
馴染みのない用語があり、計算もわかりづらく感じるかもしれません。

とはいえ、返済までの道のりをきちんと知っておかなければ返し続けることは難しく、心が折れて音をあげてしまうこともあります。
融資を受ける時はおおまかにでもいいので、何回に分けて幾らを返すことになるか認識してから手続きを行うべきです。

リボルビング返済方式は回転信用方式といい、銀行系キャッシングでの返済方法の一つです。
リボ払いは限度額までなら何回借り足しても返済額が一定で、返済回数でなく返済額で条件が決まる方法です。
また、通常のリボルビング返済では返済額が一定のため、限度額いっぱいまで借りると利息を払うだけで終わってしまい、元利残高がなかなか減らない事態も起こりえます。

そんな状況に対応するためにあるのが残高スライド方式です。
リボルビング払いにスライド性を組み合わせ、残高に応じて段階的に返済額が決まるものですち。
返済日は30日ごとに返済日が来るタイプと、35日ごとに返済日が来るタイプがあります。

手っ取り早く返済を終わらせてしまいたい場合、返済日以外の日にでも問題なく借りたお金を返済できます。
金利は日割りでつきますので、返済日が早いほうが少ない利息で返せます。
返済は早ければ早いほど利子分の金額が少なくて済みます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。