借金の消滅時効について

一つの状態が長く続き、長期間に渡って状況が変わらなかった場合に起きる権利の消滅を、時効といいます。

一口に時効といっても種類があり、殺人罪や窃盗罪のなくなる「刑の時効」と、借金がなくなる「消滅時効」などがあります。
キャッシングローンの返済は、民事の消滅時効で無効になります。
犯罪などで、時効が過ぎて犯人を逮捕できなくなるのは、この時効制度に基づいています。

消滅時効が行使されることによって、借金が消えることがあります。
キャッシングローンなどで作った負債が時効によって消滅するための期間は、契約日か最後に返済をした日から数えて5年と定められています。
時効によって借金が消えると、金融会社側は返済の請求をすることができなくなります。
債権者側から返済の請求がなく、負債者側がの返済が一切なされないまま5年が経過することで初めて、時効によって借金を消滅させるための条件が整います。

ただし、何もせずに放置していては借金の消滅時効は成立しません。
消滅時効は、援用という行為をしなければ効果が現れません。
片方が相手に、時効が成立したことを通知するのです。
また、借金の消滅時効の時効期間は一定の条件を満たされると中断と見なされ、日数の計算は振り出しに戻ります。
確かに5年が経過すれば借金の時効の援用は可能ですが、実際はなかなか困難です。
訴訟を起こされたり、返済に応じる行動をした段階で時効は成立しないのです。
タグ:借金
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。