住宅ローンの借り換えを長期固定金利にする場合

どんな形で住宅ローンの借り換えを行うかは、個別のケースによります。
何のために借り換えをするのか、どんな返済スタイルが一番楽かによって借り換えの形は異なります。

固定金利制の住宅ローンを組んだ方がいいだろうと思われる家庭は、このような環境の人です。
まず第一に、世帯主が安定収入のある会社に勤めており、一家の収入に変動がない場合。
この場合、支出も一定していることが条件に含みます。
貯蓄があまり増えそうにない人。
(この場合は繰上げ返済などが難しいからです)今後転職や独立、あるいは結婚などで生活の変化がある人は、変動要素は少ない方がいいでしょう。
このような人たちは金利変動のリスクが受けにくい固定金利の住宅ローンへの借り換えがおすすめです。

また、今後収入が減りそうな人は、最初のうちだけ住宅ローンの返済額を多くし、その後徐々に月々の負担額を減らすという方法があります。

転職の希望がある人や、共稼ぎのうちにローンをできるだけ返済し、子育てが始まったらそちら注力したい人は考えてみてもいいでしょう。
近い将来に支出が増えそうな人、少しでも住宅ローンの返済合計額を減らしたいと考えているならば、借り換えによって返済額が少しでも減らせるようなプランを選びましょう。

住宅ローンの借り換えで効果の期待できるプランとしては、子育てやライフステージの変化などで収入が安定しない最初の10年程度は固定金利制、その後子ども達が独り立ちし夫婦の共働きができる頃に変動金利に変えるという金利のタイプをミックスするプランか、あるいは最後まで固定金利型にするプランが考えられます。
借り換えによって住宅ローンの金利条件を変えることは、将来の見通しを確実に立てるべきか否かが決断のポイントになってきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。