住宅ローン借り換えのコツ

住宅ローンを借り換えするときには借り替える前よりもメリットがなくては意味がありません。
月々の支払いを安く抑えることが可能な住宅ローンを探す人がほとんどでしょう。
まず住宅ローンを借り換える前と借り換えた後の金利差が1%以上であること。

そして1000万円以上住宅ローンの残債があることが住宅ローンを借り換えする場合の大切なポイントです。
ただし、これ以外の場合でも住宅ローンの借り換えをすることでメリットを見いだせる場合があります。
何に力点を置くかが要点です。

また、借り入れの際に自己資金を投入し借入総額を一気に減らしたり、新しい住宅ローンの契約では期間をぐっと短縮して利息を減らすという工夫もできます。
このようなちょっとした工夫によって、金利にほとんど差がない住宅ローンの借り換えでも、返済総額を減らすことができるのです。

それまで変動金利の住宅ローンを利用していた場合、考えようによっては固定金利の住宅ローンに借り換えることは大きな意味を持ちます。
金利差が1%なくても、今後金利上昇に伴って利息が増えることがなくなるからです。
住宅ローンを借り換えして、たとえ月々の支払額が多少上がったとしても、将来的な不安がなくなり毎月の支払い金額を一定にすることができます。

長い目で見た時、住宅ローン完済までの金額や期間が確実にわかるのは固定金利制です。
住宅ローンの借り換えにはいろいろなやり方や考え方があります。
メリットもあるけれど、手数料や利率の計算など色々とややこしい話が発生するのが住宅ローンの借り換えです。
まずは金融機関などに赴いて相談してみてもいいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。