住宅ローンの借り換えとは

住宅ローンは、家を購入する時になくてはならないものだといえます。
建て売り住宅でも新しく作る家でも、大きな買い物になることは間違いありません。

家を買うに当たり、現金払いで住宅ローンを使わずに済ませることができる人はごく一部だけといえるでしょう。
今の住宅ローンを別な住宅ローンに変えることが住宅ローンの借り換えで、それによって返済の条件を変えることが可能です。
今後の金利が大きく上昇しそうだと思った場合、3年金利固定型の住宅ローンから35年金利固定型の住宅ローンに借り換えることで将来の金利上昇リスクを避けるという仕組みです。
原則的に、異なる住宅ローンであっても同一金融期間内での住宅ローンの借り換えはできません。

他の金融機関で住宅ローンを借り直すのが一般的です。
よくあるケースとしては、金利条件のいい住宅ローンに借り換えることで返済額を安くしたり月々の負担を減らすことです。
変動金利制の住宅ローンから固定金利制の住宅ローンの借り換えをする人は、今後の金利上昇によって返済の利息分の増加を警戒してのようです。

ノーコストで借り換えができることはなく、借り換えに伴う手数料や手間は覚悟しなければなりません。
借り換えは慎重に行いましょう。
まずは情報収集につとめ、銀行などで相談してみるべきです。
住宅ローンを新しいものに借り換えることによってどんな利点があるのか、逆にどのような欠点があるか、しっかり把握してから実行に移すべきです。
タグ:住宅ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。