ショッピングローンの審査

申し込みや手続きが簡単にできるようになったショッピングローンですが、審査を通らなければ使うことはできません。
これは、お金を扱う以上は必須ともいえるでしょう。

審査をパスする基準項目にはどんなものがあるのでしょうか。
20歳以下の人、定収入がない人にはショッピングローンは組めません。
また多重債務といって他の金融機関などでお金を借りている場合にその借り入れ金額が返済能力の限界に達していないことが重要で、平均的に年収の50%が限度額だといわれています。
ローンの支払いを滞らせたことがないかどうかも、審査によって調べられます。
これまでショッピングローンやクレジットカード利用に問題はなかったということです。

当然ながら、これまでに返済金を遅らせたことがある人は審査に通りにくくなります。
とくに1ヶ月以上支払いの遅延があると個人信用情報機関に記録されますので、注意が必要です。

ショッピングローンの審査では、どんな会社に勤めているか、勤続年数はどのくらいか、持ち家はあるかといった点も考慮されますので、定収入のないフリーのアルバイターなどは審査が厳しくなります。
電話番号や住所が間違えていた場合、架空の住所や電話番号でローンの申し込みをしたことになってしまいますので、信用問題の関係上審査が通りにくくなります。

とくにショッピングローンの場合、オンライン上では入力間違いなどをしやすいので気をつけるようにしましょう。
様々な審査条件をクリアして審査にとおればショッピングローンを利用することができます。
この審査を通ることができなかった場合は、ローンを組まずに現金決済をしなければなりません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。