借金返済を延滞すると

期日になっても借金の返済ができない時に何が起きるのでしょう。
ドラマのような派手な騒ぎや脅迫を連想されるかもしれませんが、現実はそれほど乱暴なことはありません。

とはいえ、一部の悪質業者は返済の手口に暴力的な手段を用いることはあります。
ですが暴力的、脅迫的な行為をされずとも、借りたお金を返せていないこと自体が心理的に圧迫感があります。
暴力団員のような取り立て屋が借金返済を迫るシーンがドラマなどの定番ですが、実際は貸金業者は暴力団員を雇うことはできません。
貸金業者が暴力団員を取り立てなどの業務補助に起用すると、法律によって罰せられるのです。

借金返済が延滞され取立てをする場合は、まず電話がかかってきます。
支払わないと翌日にはまず電話が来ます。
柔らかめの口調で、延滞理由を聞かれることと思います。
本人でなければ会社名を名乗らない紳士的なところもあります。
この時、いつ返済するか約束させられます。
1週間後などといった返答には応じてくれません。
2〜3日以内の約束を取り付けられます。
電話で約束した期日までに返済できずにいると、更に督促の電話が来て返済日を約束させます。
以後、返済まで何度も同様の電話がかかってきます。
何度も電話の督促を無視して返済を滞らせていると、いずれば封書による催促が週一ペースで来るようになります。
金融会社が中堅以下なら、電話の催促もより威圧的になります。
ここまでくると、個別訪問による返済金の回収も行われるようなります。

訪問時間を合わせるための生活パターンの聞き込みや身辺調査も始まり、戸籍も調べられることになります。
3ヶ月の延滞と12ヶ月の延滞は、キャッシング審査の情報を蓄積している信用情報会社に事故情報として載せられます。
これによって、新規のキャッシング利用時の審査が通らなくなります。
この延滞記録は借金完済後も数年間は残り続けます。

最後に出てくるのが裁判所です。
このような取り立てを全て無視し延滞を続けると、裁判を経由しての差し押さえがなされることになります。
社会を捨てれば逃げ切ることができるかもしれません。
ですが、借金を踏み倒した人生には、常に利息がつきまとっていくことでしょう。
タグ:借金返済
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。