サラ金業者の悪質な手口

出来る限り安い金利でお金を借りたい。
もっと旨い具合にお金を借りられるところはないか。
など、借り手はたいていこう思うでしょう。

悪質なサラ金業者は、そういった利用者の気持ちを利用して儲けを得ようとしていています。
その手口はいくつもあります。
「低金利で融資をします」という、いかにももっともらしいチラシやダイレクトメールを使って客をおびき寄せる、紹介屋という人たちがいます。
そこに連絡を取ると自社ではなく他のサラ金業者を紹介します。
実際は紹介ではなく、何も関係ない別のサラ金業者に連れて行き、借り入れを進め法外な手数料を請求してくる手口です。
また、整理屋と呼ばれる手口があります。
これは多重債権者に低金利でのローンの一本化を勧めるという形で声をかけてきます。

誘いに乗ってしまうと、多重債務の整理を熱心に勧められ、悪徳弁護士をサラ金業者との間に立たせ、債務者には以前より少ない額で毎月の返済を求めてきます。
いい話のようにも聞こえるのですが、実際はその金は返済されず、整理屋の懐に収められてしまうという仕組みです。
また払込金を整理手付金として取られたり、債務がなかなか減らず、結局は損をするだけの悪質な手口です。
キャッシングに縁がない人でも、闇金融という言葉は聞いたことがあるはずです。

これは、無登録のサラ金業者であることと、10日で1割(年利365%)などと、出資法上限を越えた高金利を取ってくる悪徳サラ金業者です。
悪質な業者による手口は実に様々なものがあります。
ちらしやダイレクトメールに一見してうまい話が書いてあったとしても、裏がある可能性は十分に考えて用心を怠らないようにしましょう。
タグ:サラ金業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。